経験

アイデアを考える必要はありません。とりあえずいいものはパクる。

スポンサーリンク

どうも、ぜっとんです。

今の社会人に求められているのはスピードです。しかし自分でゼロから新しいアイデアを考えるとなったら時間がかかります。

アイデアが思い浮かばなくて困っている人のあなた!朗報をお伝えします。

アイデアは考える必要はありません。とりあえず自分がいいと思ったものは胸をはってパクるんです。

『パクる=マネをする』って抵抗感ありますか?

ですが、世の中にあるものほとんどが先人たちの知恵や先人たちが作り出したもののをパクって現代風にしているだけです。

あなたは、かっこいい人(可愛い人)の服装や髪型をマネをして、自分もかっこよく(かわいく)なりたいと行動したことありませんか?

99%の人は憧れている俳優や歌手、アイドルのマネをしています。

でも、なぜか仕事になると『パクる=マネをする』ことに抵抗感が出てきます。

いいんです。いいと思ったアイデアはパクって大丈夫なんです。

ゼロから考えるのは時間のムダ

問題や事故が起きてからアイデアを考えるのはやめましょう。

起きた問題や事故って今までなかったことですか?

絶対そんなことないですよね。起きている問題の根本的な原因って今も昔も同じです。

先人たちも絶対同じような問題や事故が起きてアイデアを出しているんです。先人たちのアイデアがよかったので昔よりも今はより良いモノが揃っています。

自分で考えるよりも先人たちの知恵を探してパクりましょう。

解決する時間が早くなりますし、マネするのが一番手っ取り早いです。

また多くの人が視野が狭くなりがちですが、業種や職種が違うと問題解決方法は違ってくるんですか?

そんなことないです。業種や職種が違ったとしても解決する切り口をマネできることはたくさんあります。

本当に問題を解決したいと思ったら視野を広くするべきです。

今は情報化時代です。インターネット、新聞、雑誌、書籍、SNS、掲示板などいいと思うアイデアを探すことは簡単になっています。

いいと思ったものは徹底的にパクる

インターネット、新聞、雑誌、書籍、SNS、掲示板などでいいと思ったアイデアやヒントを見つけることができたら次は胸をはってパクります。

ここで注意することは中途半端ではなく、徹底的にパクります。

人のアイデアだからといって少し少しかじったようなパクり方はではだめです。

いいなと思ったアイデアは1回きりの最後の手段ではないですよね?次に同じ問題が起きたり、類似問題が出たときも手段として使います。

問題が起きる→アイデアを見つける→中途半端にマネをする→解決→類似問題が起きる→またアイデアを見つける→また・・・

こんなことしていたら、解決する時間はずっと変わりません。

意味がありません。同じ問題や類似問題が出たとしても早く解決できるようになっておかないといけません。

中途半端ではなく、徹底的にパクることによって自分のものにしていきます。

 

情報収集は大事

今までは問題や事故が起きてからアイデアを探すことを伝えてきましたが、ずっとそんなことをしていると時間がいくらあっても足りません。

なので、重要なことは日常生活で見ているテレビ、雑誌、書籍、新聞、そしてインターネットから自分の仕事に関係しそうな情報すべてに目を光らせておきます。

最初はどれがアイデアになるかわからないと思うので、少しでも興味を持ったことについて手帳にメモを残しておいたり、スマホで写真とったり、Evernoteなどのメモアプリに入力しておきます。

人は忘れる生き物なので、何かしら残しておくことが重要です。

いつどこで使えるかはわからなくても、情報収集は大事です。

さいごに

極論的な事言いますが、今は独創性なんて必要ありません。

時間がいくらあっても足りないと言われている現代社会では、仕事の効率をあげて作業時間を節約する必要があります。

アイデアを考える必要はありません。これはいいなと思ったこと徹底的にパクっていきましょう。

それでは!

あわせて読みたい

スポンサーリンク

-経験